Copper PDF とは?

Java Perl PHP Python Ruby C# VB.NET対応
HTML-PDF変換・帳票出力サーバー

Copper(カッパー) PDFはHTMLやXMLの文書をCSSを用いてPDFに変換するミドルウェアです。印刷用途に特化した、サーバー上で動くウェブブラウザの一種として、W3Cの国際標準に従ったHTML/CSSレンダリングエンジンを独自開発し、日本の開発現場の要請に即した最適化を追求しています。

パンフレット1 / パンフレット2

使い方は簡単。プログラムからHTMLを送り込めば、PDFとなって出力されます。この種のソフトにありがちな、座標指定などは必要ありません。JavaならJSP、 .NETならASPが使えますし、他の言語でもWEBページを出力するのと同じようにPDFを出力することができます。HTMLだけでなくSVGや各種画像形式にも対応していますので、凝ったPDFも自由自在です。

Perlのコード例

use CTI::DriverManager;
# セッションの開始
my $session =
    CTI::DriverManager::get_session(
    'ctip://cti.li/',
    user => 'user',
    password => 'kappa');
# 文書の送信
$session->start_main(*STDOUT, '.');
print << "END_OF_HTML";
<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
END_OF_HTML
$session->end_main(*STDOUT);
# セッションの終了
$session->close();

PHPのコード例

<?php 
require_once('CTI/DriverManager.php');
header('Content-Type: application/pdf');
//セッションの開始
$session = cti_get_session(
    'ctip://cti.li/',
    array('user' => 'user',
    'password' => 'kappa'));
// 文書の送信
$session->start_main('.');
?>
<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>
<?php
$session->end_main();
// セッションの終了
$session->close();
?>

Rubyのコード例

require 'CTI'
include CTI
require 'erb'
# セッションの開始
get_session(
  'ctip://cti.li/',{
  'user' => 'user',
  'password' => 'kappa'})
  do |session|
  # テンプレートを変換
  session.transcode do |out|
    $stdout = out
    ERB.new(DATA.read).run
  end
end
__END__
<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>本文</body>
</html>

 


試用サーバー

インターネットを経由してCopperPDFの全機能を自由にお試し頂けます。試用サーバーはこちらです。

デモ

Copper PDF を使ったアプリケーションを実際に動かしています。

導入事例

2005年に旧バージョンのCSSJをリリースして以来、地方自治体、研究所、金融機関、ECサイトなど、50社(150CPU)以上に導入いただいております。下記に代表的な利用用途と、お客様から寄せられたCopperPDF導入理由について簡単にご紹介致します。

WEB予約サービス

● チケット発券や帳票出力

【導入理由】HTMLで帳票デザイン出来、ブラウザで印刷した場合よりPDF化した方が再現性が高いから

官公庁・大学・学校法人

● 申請書類・証明書発行

【導入理由】オンデマンドやバッチで安定した処理が可能なため

製造業・IT企業など社内利用

● 請求書・給与明細出力

【導入理由】手軽にPDF作成でき、技術的に細かい点まで作り込まれているから

銀行・証券会社

● 証券管理システム等の大量帳票出力

【導入理由】導入したシステムでCopperPDFの利用を推奨されているため

WEB制作会社

● 顧客企業IRページ等のPDF化

【導入理由】「ブラウザでページを印刷」するより、厳密な帳票レイアウトをPDFで実現出来るため

印刷会社

● 印刷用版下PDFの作成

【導入理由】HTML+CSSでPDF帳票デザイン出来るから

特徴

簡単!

PDFの元となるテンプレートの作成に、専用のソフトや特殊な知識は必要ありません。JSP, ASP.NET, Smarty, TemplateToolkit, ERBなど、ウェブ開発でおなじみの技術を使って、普段使い慣れたツールで作るだけです。

100% Java!

Windows, Linux, Solaris, MacOS, FreeBSD など、Javaを実行可能なあらゆる環境で動作します。
(実際にRedHat, Centos, Solaris, Debian, Windows2003, Windows2008等で導入事例がございます)

高機能!

Java, Perl, PHP, Python, Ruby, .NET(C# / VB.NET)のためにAPIが用意されており、またHTTPを利用してPythonなどあらゆるプログラミング言語から利用できます。また、フォントの埋め込み、暗号化PDF、長期保存用PDF(PDF/A)等の様々な機能に対応しています。機能の一覧はこちら

高性能!

毎秒数十から数百ページの処理が可能であり、数千ページに及ぶ巨大な文書でも安定した速度で処理します。負荷分散が可能なので、ハードウェアの増設で過酷な用途にも耐えられます。性能試験結果はこちら(Copper PDFの速度と処理能力)

用途

ECサイト等で帳票の出力

文書内で強制改ページ、改ページの抑制を指定できるため、複数ページにわたる帳票には最も適しています。もちろん、固定レイアウトの帳票にも対応可能です。プラグインによりバーコード、QRコードを挿入することができます。

管理システム等でレポートの出力

SVGによるイラストや図の挿入も可能です。

行政、法務等で書類の出力

申請書や法令文書をHTML化することで、簡単にPDF変換できます。

マニュアル、冊子

ページ番号付け、目次の生成、トンボの表示といった冊子向けの機能をサポートしています。Antによるバッチ処理により、大量のドキュメントでも変更されたものだけ効率よくPDF化することができます。

CMSとの連携

ブログシステム、WikiなどのCMSと連携させることで、編集した文書を資料として印刷できるようになります。実際に、Copper PDFのウェブサイトの右上の「印刷用PDF」機能はWordPress用プラグインにより実現されています。

ライセンスの種類

CopperPDFは、下記3種類のライセンスをご用意しています。プログラムをダウンロードした後、ご希望のライセンスに従い、ライセンスキー取得の手続をお願いします。
(個人・非商用利用ライセンスに限り、無償でのご提供となります)

ライセンスの種類 使用期限 概要 価格
商用
(正規ライセンス)
無制限 全機能利用可能 有償
試用
(購入前テスト用)
90日 機能制限なし・すかし画像あり
こちらからライセンス申請)
無料
機能限定版 無制限 機能制限あり・すかし画像なし
(※インストール後の状態)
無料

またお手元のサーバや開発環境にセットアップが難しい方、とりあえず機能評価をされたい方は、
インターネットを経由して試用サーバのご利用も可能です。
ID・パスワードを登録すれば1日100回までご利用頂けますので、こちらもご検討下さい。


Copper PDFは多くのオープンソースソフトウェアによって支えられています。Copper PDFのドライバや、他のオープンソースソフトウェアから派生した部分のソースを公開しています。


PDF