Copper PDF 3.1.0をリリースしました

Copper PDF 3.1.0をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

バージョン3.1.0では今までプラグインとして提供されていたバーコード機能を統合しました。

電子書籍の標準形式であるEPUB(application/epub+zip)を変換できるようにしました。さらに、WOFF, MathML, Unicodeサロゲートペア、viewportに対応し、電子書籍に有用な機能を強化しました。

CMYKカラー、オーバープリントに対応し、印刷関連の機能を強化しています。

3.1.0では以前のバージョンとレイアウト方法に互換性がない箇所が一部あります。Internet Explorer 7以前のブラウザとの互換レイアウトモードは廃止しました。

以下の機能強化が行われました EPUBプラグインを統合 バーコードプラグインを統合 MathMLに対応 WOFFに対応 Unicodeサロゲートペアに対応 <meta name=”viewport”~ タグにより、ページサイズの指定が可能に CMYKカラーでのPDF出力に対応 オーバープリント指定に対応 横書き中の縦書きの高さを10emではなくページ高さにするようにした その他、レイアウトの改善 PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.17をリリースしました

Copper PDF 3.0.17をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

以下のバグを修正しました

・rowspanで縦に連結されたセルの途中で改ページされた場合、前ページのセルが本来の高さからずれることがある。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.16をリリースしました

Copper PDF 3.0.16をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

以下のバグを修正しました

・テーブルの、rowspanにより連結された部分がある行(tr)に対して%指定の高さが適用されない。

・SVGのlinearGradientのgradientTransformが適用されない。

・’output.color’に’gray’を設定した場合、透明色があるとエラーにより停止する。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.15をリリースしました

Copper PDF 3.0.15をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

以下のバグを修正しました

・テーブルセルに書字方向(writing-mode)を設定した場合に途中で改ページが発生するとテーブルのレイアウトが崩れるか、最悪の場合Copper PDFがハングアップする。

上記の修正により、書字方向が変更されたテーブルセルでは改ページできなくなりました。

テーブルセルに直接writing-modeを設定することは推奨しません。代わりに、テーブルセル内にwriting-modeを設定したdivタグを入れ子にするなどしてください。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.14をリリースしました

Copper PDF 3.0.14をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

本バージョンではメモリ管理に大きな変更があります。OpenJDK等の環境で、まだメモリが不足していないにも関わらずOutOfMemoryErrorが発生する問題に対応しました。ただし、従来からOutOfMemoryErrorが頻発している状況では、新しいバージョンでも極端な速度低下を起こす必要がありますので、余裕を持ってメモリを割り当ててください。

メモリの割当方法についてはこちらを参照してください。

以下のバグを修正しました

・ルビに画像が含まれると位置がずれる。 ・インデントが設定されていると縦中横(‘-cssj-text-combine: horizontal;’))がずれる。 ・SVGでアフィン変換が正しく適用されない。

変更点

・一部のJava実行環境や、メモリが少ない状況でOutOfMemoryErrorが発生しにくいようにメモリ管理を改善しました。 ・-cssj-page-ref擬似関数で、フラグメント付きURLを指定できるようにしました。複数の文書を結合する場合に、別のURLの文書のページを参照することができます。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.12をリリースしました

Copper PDF 3.0.12をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

今回は電子書籍、書籍印刷に関するバグ修正と機能強化です。

変更点

・複数の文書を結合する場合に、文書の間でハイパーリンクできるようにしました。

・-cssj-direction-modeプロパティにvertical-rlを設定できるようにしました。これで、もともと縦書の内容を横書きに回転させることができます。

・右綴じにした場合に、改ページ制御のleft, right指定が正常に動作しないことがあるバグを修正しました。

・改ページ制御(page-break-before, page-break-after)にif-left, if-right, if-recto, if-versoが指定できるようにしました。それぞれ、現在ページが右、左、奇数、偶数の場合だけ改ページが発生します。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.11をリリースしました

Copper PDF 3.0.11をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

UNICODEの制御文字が含まれる文書で文字化けが発生していた問題、不正なXML宣言を含むHTMLの処理に関するバグを修正しました。

また、Copper PDFにはページ数の制限機能がありますが、従来は制限に達するとエラーとなり出力結果が得られなくなっていたのを、途中までのページをPDFとして出力する機能を追加しました。

変更点 UNICODE制御文字の扱いについて変更しました

・以下の文字を幅ゼロの文字として認識するようにしました U+200B U+200C U+200D U+200E U+200F U+202A U+202B U+202C U+202D U+202E U+2060

・以下をスペース文字として認識するようにしました U+200B U+200C U+200D U+200E U+200F U+202A U+202B U+202C U+202D U+202E U+2060

以下のバグを修正しました

・XML宣言が2つ以上あるとページが出力されない

以下の機能を追加しました

“output.page-limit.abort”に”normal”を追加することで、”output.page-limit”でページ数を制限した際に、途中までのページをPDFとして出力するようにしました。

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.10をリリースしました

Copper PDF 3.0.10をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

変更点 以下のバグを修正しました

“output.page-margins”に4つの値を指定するとエラーになる インラインブロックの中に大きさを%指定した画像があると、画像の大きさがゼロになる

SELECTフォームパーツの表示をブラウザに近くなるように改善しました 文字コードの検出を一般的なブラウザに準拠するようにしました

XHTML(拡張子.xhtmlでMIME型”application/xhtml+xml”の場合) 1. UTF-8, UTF-16のBOM 2. XML宣言

HTML(拡張子.html, .htmでMIME型”text/html”の場合) 1. UTF-8, UTF-16のBOM 2. HTMLのMETAタグ(複数METAによる指定がある場合は最初の指定を優先する) 3. XML宣言

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.9をリリースしました

Copper PDF 3.0.9をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

変更点 以下のバグを修正しました

画像(PDFではなくPNG, JPEGなど))として出力時に縦書きの文字が2重3重に描画される <input type=”text”> に width:auto; を指定すると幅が0になる <input type=”file”> のテキストボックス部分が2重に表示される

以下の優先順位でHTMLの文字コードを認識するようにしました

1. UTF-8, UTF-16のBOM 2. XML宣言 3. HTMLのMETAタグ(複数METAによる指定がある場合は最初の指定を優先する) 従来はBOMが認識されず、複数のMETAタグが存在するとHTMLが正しく読み込まれない不具合が生じていました

一般的なブラウザとの互換性を向上させました

‘*’をHTMLの要素名の中に使えるようにしました。 <a*> のような名前のタグを使用でき、CSS内で a* {color:Red;} のような指定ができます フォーム要素(INPUT, SELECT, BUTTON)は上位の要素のフォントサイズの影響を受けないようにしました プルダウンメニュー(SELECT)のボタンを表示するようにしました

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大

Copper PDF 3.0.8をリリースしました

Copper PDF 3.0.8をリリースしました。「Copper PDF サーバーのダウンロード」から入手してください。

変更点 以下のバグを修正しました

PDFのMediaBoxが、通常と比べて上下逆さまなため、Apache PDFBoxでページの高さを正しく検出できない問題に対応しました

JDK1.5以外で画像(PDFではなくPNG, JPEGなど)として出力時に文字が二重に表示される問題に対応しました

以下の改良をしました

RPM, DEBパッケージでsudoを不要にしました

Red Hat Linux, CentOSでRPMによるアップグレード時にCopper PDFがrootで起動される不具合に対処しました

座標変換のために、以下のCSS3プロパティを実装しました

‘-cssj-transform’ ‘-cssj-transform-origin’ ※他のブラウザとの互換性のために-webkit- -moz-で始まるプロパティ名が使えます

透明色のために、次のCSS3関数を実装しました

rgba

テキスト装飾のために、次のCSS3プロパティを実装しました

‘-cssj-text-fill-color’ ‘-cssj-text-stroke-width’ ‘-cssj-text-stroke-color’ ‘-cssj-text-stroke’ ※Google Chromeとの互換性のために-webkit-で始まるプロパティ名が使えます

‘text-shadow’(一部制約あり)

PDF スタイル サイトの設定 横書き 縦書き 縦2段 文字 特小 小 中 大 特大 周囲余白 なし 小 大